収入証明(確定申告編)

 

「私、確定申告なので、経費を差し引くと所得が低いんですが。」

 なるほど、でもそれが一般的だと思います。

税法のルールを逸脱しない範囲で節税をされるのは良識あるご判断だと思います。ですが、ご注意ください。

確定申告書は簡単にいえば個人の決算書です。 節税は限度を超えると、「そんなアホな」という非現実的な数字になってしまいます。

これは以前にも話した会計のカラクリで、「お金はあるのに赤字(企業)」ならぬ「お金はあるのに貧乏(個人)」なんていう自己説明になりかねません。確定申告書の控えは、本来誰かに見せるための書類ではありません。 

税務署にご自分で所得の申告をし、かかった経費を差し引いた額に課税される金額を算出し、自己申告で納税したことを税務署が認めましたっていう証明です。売上から原価と販管費を差し引く、といった企業とそんなに変わらない申告の内容を個人レベルでしているのです。

ですので、会計ルールに従っていたとしても、課税対象額を極力減らす節税の努力は、ときとして「私は全く儲からない仕事をしています」と説明することになってしまうのです。

でもその前に。

決算書でもそうですが、健全であるかどうかをそこだけで判断するかは、裏付けの書類にもよるのです。事業のため投資した資金などは、明細があればできるだけ細かに資料を取っておくことをお薦め致します。

また、顧問の税理士さんや会計士さんに、オフィスの移転がある場合は前もって不動産審査を想定した所得申告のご相談をされておくのが最も効果的です。

モダンスタンダードでは専任のエキスパートが、お客様ひとりひとりのご要望に対し、問題があれば解決する最善策をご提案しております。皆さまからのご相談について、多角的な問題提起と、万全の解決策をご用意してお待ちしております。

 

 

SOHO賃貸のことならモダンスタンダード公式サイトで!http://www.m-standard.co.jp/search/soho/

 

Copyright © All rights reserved by Modern Standerd